大切な故人を供養するために欠かせないこととは

葬儀をする時に必要な知識を身につけよう

現在のスタイル

費用面での要望が増加傾向に

お葬式は時代によって変化していくものです。近年では終活ブームなどが相まって、生前元気なうちから自分の遺影を撮影したり、お葬式の準備をしたりという方が増加傾向にあります。そうした中、葬儀費用に関して近年大きな特徴が出ています。 日本における一般的なお葬式は多くの方が会葬することもあって費用が高額になりがちです。一方で近年では、葬儀費用を抑えたいという要望が強くなっています。本人が、遺族に迷惑をかけたくないという気持ちで葬儀費用を抑えることもありますが、遺族が葬儀費用が出せないということで格安でのお葬式を望むケースも増えています。 同時に、近年では家族葬や密葬といった小規模でのお葬式件数が増加しています。実は、規模が小さいほど葬儀費用が安いため、費用面を懸念する方がそういった葬儀スタイルを希望するというケースも少なくないのです。

日本におけるお葬式の歴史

人が亡くなると何らかの儀式を行うというのは、人類が誕生したころから行われていたといわれています。そんな中、日本におけるお葬式は古くから共同体で行われていたというのが大きな特徴です。 自宅で執り行う自宅葬が一般的だった時代は特に、隣近所が集まって祭壇など自宅を葬儀会場とするための準備を行いました。通夜振る舞いの料理も、お隣の台所を借りて、周辺の主婦が総出で準備をしたものです。しかし、核家族化が進み、近所付き合いが希薄化したこともあり、次第に会場を借りて行う葬儀が一般化したことで、そうした風習は影をひそめる形となったのです。都会で見かけることはほとんどありませんが、今なお地方ではそうした風習が残っている地域もあります。